• 高齢になると歯周病の進行などで歯を失うことが多くなりますが、高齢の方だけではなく、若い世代でも外傷や治療の遅れなどで歯を失ってしまうことがあります。
    歯は1本なくなっても、見た目に影響が出てきますし、食事や発音もしづらくなってしまいます。
    さらに長く放置していると、反対側の歯が伸びてしまいますので、抜けた歯のかわりに新たに人工歯を作る治療が必要です。
    治療は入れ歯、ブリッジなどは保険適用が受けられますが、より本物の歯に近い仕上がりにするのであれば、インプラント治療も検討してみてはいかがでしょうか。
    インプラントは人工歯根を埋め込みますので、しっかりと安定しますし、周りの歯を削ったりする必要はなく、新たに歯を作っていくことができます。
    取り外してのお手入れも必要なく、噛む力も強く、審美性にも優れています。
    インプラントを埋め込むためには、十分な骨量があることが大切で、かつては高齢の方などは治療が難しいこともありましたが、今はさらに治療も進化し、骨を再生する治療などで対応できるようになりました。
    完成するまでにはかなり時間がかかる治療というイメージもありますが、最近は抜歯即日に埋め込みができる治療も登場しています。