• よく水素水が販売されていますが、見た目は普通の水と全く同じです。
    しかも、飲んでも普通の水と何ら味が変わらないので、自分で水素が入っているかどうかを判断することはとても難しいです。
    本当に水素が充てんされているのかどうかの目安として、パッケージがペットボトルではないことを確かめましょう。
    水素は分子が小さいので、ペットボトルでは水素が抜けてしまいます。
    一番良いのは、アルミパウチです。
    特殊構造になっているので、水素があまり逃げることがありません。
    だから、高濃度な状態を保つことができます。
    実際に、サイト上で検証されているのでそちらを参考にするとより安心して購入することができるでしょう。
    アルミパウチであっても、一度開封してしまったらなるべく早く飲み干すことも重要です。
    ふたを開ければ、そこから空気中に水素が逃げてしまいます。
    一度に飲み切れない場合は、ふたをして保存するのですが、ここで気を付けるべきポイントがあります。
    なるべく空気を抜いて保存してください。
    そうすれば、空気中に水素が抜けなくて済みます。
    できる限り真空に近い状態にして保存すれば、かなり水素が逃げなくて済むので、ゆっくり飲みたい人は気を付けたほうが良いです。