• 始めて事業を開始するときに、事業資金を調達したいと思っていても、どこから借入れたらいいのかわからないということがあります。
    そんな人のために、どこから融資をしたらいいのかを紹介いたします。
    融資先には、いろいろとあり、国や地方自治体などの公的機関から融資をしてもらえるものがあります。
    代表的なものに日本政策金融公庫があり、無担保・無保証で融資を受けることができる借り手としてはメリットがある融資制度です。
    一番借りやすいのが、新創業融資制度を利用したら希望に近い金額を融資してもらえます。
    この融資の場合は、最初に書類等を用意して面接に行きますが、その時に概算の金利を教えてくれた場合は、ほぼ間違いなく融資を受けられると思っていいです。
    この時に金利の提示がなければ、融資が受けられないということになります。
    最終的には面接後2週間程度で電話連絡により融資の有無がはっきりします。
    あとは銀行による融資ですが、これは法人であれば、誰もが一度は融資をしてもらっている経験があると思います。
    起業の為、銀行から融資をしてもらうのはなかなか難しいと思います。
    あとは、銀行を経由して、信用保証協会の保証でお金を借り入れる方法となります。
    このケースであれば銀行でもリスクがありませんので、融資をしてもらえます。