• ビットコインは、実際の通貨ではなく、インターネット上にのみ存在している仮想通貨になります。
    その為、家の金庫に入れて保管している現金とは違い、パソコン上であったり、インターネット上で保管されておりますので、どうしても不安に思われる方も多いと思います。
    特に映画などでは、取引記録をハッカーによって改ざんされてしまったり、他の口座に振り込まれてしまったりなど自分が手を出せない位置で犯罪に巻き込まれてしまうという不安を持たれている方も多いと思います。

    ただ、2017年の5月現在において、ビットコインを取り扱っているシステムにおいてはハッキングによって改ざんされる可能性はかなり低いと考えられております。その理由の一つとして挙げられているブロックチェーンという技術は、近年稀に見る程、非常に優れた防犯スキルを持っていて、これまでにビットコインが改ざんされたという事例が一例もないという事も多くの利用者を安心させております。

    他にもプルーフオブワークという技術も採用されておりますので、簡単にはハッキングすることが出来ません。
    もちろんビットコインが永遠にハッキングにあう可能性がゼロであるという事ではありませんが、難易度の高いビットコインをハッキングする事が出来るのであれば、他の為替取引などのシステムをハッキングした方が良いだろうという事もあります。