• 我が家では予算の関係から新築住宅の購入をあきらめ、中古住宅を購入することにしました。
    安く買える分、リフォームに費用をかけようと思ったのです。
    探していたエリアでの新築建売の相場は土地付きで3500万円ほどでしたが、中古住宅を1200万円ほどで買えたので、プラス1000万円程度をかけてリフォームへと踏み切ったのです。
    室内のクロスやフローリングは張り替えてあったので、キッチンとトイレを自分たち好みにリフォームしました。
    そして、一切手が加わっていなかった外壁にも力を入れました。
    外壁塗装専門の業者にこんなイメージの家にしたいと相談したところ、イメージにぴったりのカラーの提案や、お洒落なデザインを提案してくれました。
    それまで外壁は白、屋根は焦げ茶のオーソドックスなカラーの家だったのですが、1階部分は明るいベージュ、2階部分は濃いベージュにし、屋根は黒に塗り替えるというスタイルにしてみたのです。
    1階と2階部分のコントラストがとても素敵なうえ、黒の屋根の色がアクセントになってお洒落です。
    しかも、塗料が既存の建物や周辺の家とは全く性質が違うようで、光沢を持って輝いています。
    何でも20年ほどの耐久性がある機能性の高い塗料のようで、築18年の中古住宅が新築のように見違えてしまいました。http://gaiheki-mitumori.com/