• 交通事故に苦しんでいる人は多くいます。
    もちろん、怪我に苦しむのが最も多いのですが、事故のあとお互いの納得のいく妥協点が見当たらず、ストレスに苦しんでいる人も多くいます。
    過失割合は、多くの場合判例タイムズに基づいてお互いの話し合いで決められます。
    だいたいの落としどころがあるのですが、なかなかその点で妥協点が見つからない場合があります。
    まずこれが一つ目の悩みです。
    その後被害額の算定でもお互いの意見が食い違うことがあります。
    保険会社基準と弁護士基準では慰謝料には大きな隔たりがあり、弁護士基準で請求する為には、やはり弁護士事務所に相談して依頼するのが近道でしょう。
    仕事が忙しく保険会社と交渉するのが大変という方も多くいます。
    いや、むしろ今現在ではそういう方の方が圧倒的に多いでしょう。
    そのような場合も示談金を納得のいく金額で折り合いをつけることができます。
    その為には、まず交通事故を得意とする弁護士事務所に相談することが一番です。