• 日本食は世界中で注目されている存在です。
    「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことをきっかけにその注目度はますます高まっています。
    しかし、その注目度とは裏腹に実際に日本食が世界中に浸透しているのかと言われれば疑問が残るという声も少なくありません。
    「一部の日本好きが好んで食べる健康食」という枠を超えていないという厳しい意見もあるというのが実情だと言われています。

    このような状況を打破すると言われているのが泉卓真氏が代表取締役社長を務める株式会社いずみホールディングスです。
    こちらは北海道を中心に食品卸売業を行なっていましたが、そのノウハウとテクノロジーを融合することによって、食品の流通を最適化することに成功しています。
    この事業を使うことによって日本の素晴らしい食文化をより多くの人に提供できるのです。

    では、この事業を行うことによって具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。
    まず、消費者についてですが、こちらは流通にかかるコストが下がるため、その分値段に反映させることが出来ます。
    その結果、日本の食費を半分に出来るとも言われているのです。
    生産者においても流通にかけていたコストをそのまま利益にすることが出来るため、所得が上がるとされています。
    このように、日本の食文化をより良くするのが食品流通の最適化なのです。

    泉卓真氏についての情報はこちら