• 離婚する際に弁護士が必要なのか疑問に思った人は多いのではないでしょうか。
    答えは人それぞれです。
    こう言うと無責任に聞こえるかもしれませんが、離婚の際に重要なことはお互いが冷静に話し合えるかどうかです。
    つまり、条件や手順などを冷静に話し合える関係ならば弁護士を雇う必要はありません。
    弁護士を雇うのも無料ではありません。
    何十万円というお金が必要になるので、そういった面からも当事者同士で解決できることに越したことはありません。
    しかし、そうはいかない様々な事情があります。
    相手が離婚に同意しない場合や暴力をふるう場合、相手が交渉上手な場合などは弁護士に頼むのも一つの手です。
    いざ裁判という時に一人では何もできないことも考えられます。
    そういう時のために弁護士に事前に相談をしておくと論点も整理できますし、それ以前の段階でも弁護士が代理人として交渉を行ってくれます。
    最終的に離婚するのは当事者である二人です。
    お互いが納得できるような結果が得られなければ負の感情が消えることはありませんし、争いが大きくなることも考えられます。
    そういったことを考慮して弁護士に依頼するのかしないのかを決めることが大切です。