• 老若男女を問わず、アニメが好きな人は多くいます。
    子供向けの作品や年代を絞った作品もありますけど、誰にでも読まれているマンガも数多くあります。
    日本だけでなく、世界中で読まれている日本のマンガは、クールジャパンと言われる日本文化の一つになっています。
    アニメの影響は、おもちゃなどの玩具屋ファッション関係まで及んでいて、マニアも多くいます。
    昔から漫画はあったようですけど、「マンガの神様」と言われる手塚治虫さんの作品は数多く、テレビでも放映されています。
    現在のマンガ家にも手塚作品に影響を受けた人は多くいます。
    今の大人の中にも「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」などを見て育った人も多いものです。
    手塚治さんは大阪大学医学部卒業ですから、代表作の1つである「ブラックジャック」には、医学的な見地から構成されつつも、医療界への問題にも踏み込んでいて、現在でも愛読されている作品です。
    手塚治虫さんの作品を見て凄さを感じるのは、想像だけの世界でなく、未来の世界を予想したマンガの世界が、現実の世界として実現している事です。
    手塚作品の1つであるジャングル大帝のキャラクターは、プロ野球球団のマスコットにもなっていますから、マンガを知らない人の目にも触れています。
    今後、マンガの世界では現れる事のない天才漫画家ともいえます。