• コールセンターでの応対で必要なものとはなんなのか、それは一重に電話口のお客様と向き合う姿勢だといわれています。
    相手の話をよく聞き、真摯に対応することで相互理解がうまれ話もまとまるというものです。
    ですから、コールセンターのお仕事に慣れているという方の電話応対を見ると電話口で相手に姿が見えなくても「ありがとうございます」と感謝を述べながらお辞儀をしたりする姿をよく目にします。
    そのような態度は目に見えなくとも電話口のお客さんには感じ取れるもので、たとえば同じ「ありがとうございます」でも椅子に深座りしながらふんぞりかえって言えばどうしても言葉のトーンが雑に聞こえて電話口の相手にも悪い印象を与えてしまうからです。
    その目には見えない態度、誠意がエバーエフォートの従業員からは感じられました。
    私がエバーエフォートにお仕事の依頼をしに伺った際、彼らの仕事風景を見学する機会があったのですが、笑顔でいきいきと業務に取り組んでいました。
    このような方たちとならお互いに笑顔でお仕事ができると感じたのが、エバーフォートさんと業務提携を結ぶことを決めた一番の理由です。